ミラン、ドンナルンマにフラれる

18歳で、年俸6億円を蹴りますか。

確かに、いまのミランのよく分からないお金の流れは、UEFAも指摘していて経営方針は再提出になっているようだ。

ライオラが、ミランの将来を不安視する意味はわかる。ただ、ドンナルンマは18歳の選手だ。28歳ならCLに出場したい!とかわかる。仮に、5年契約をしても、満了は23歳だ。その年齢なら、出場試合数もそれなりだろう。レアル・マドリードに行きたいなら、その段階でいけばいい。

ハッキリ言って、いま18歳でレアル・マドリードに移籍しても、成功する確率はミランにいるより低いだろう。

いまのミランは、2流チームだ。「我々は超1流チームだ!」と言っているが、やっとELの挑戦権を得られたレベルのチームなのは、誰が見てもわかる。いまのミランは挑戦者なのだ。挑戦者は、失敗もする。だか、レアル・マドリードはチャンピオンだ。失敗は許されない。ナバスは、いいGKだが、「なんとなく不安」という理由で、叩かれている。18歳に、そんなプレッシャーに耐えられるのか!?

バロンドールを獲得して、最高の選手だったカカもレアル・マドリードに移籍して失敗におわった。ミランでゴールを量産したシェフチェンコも、年齢的にキャリアの終盤だったがチェルシー移籍は失敗だった。

ベル爺からオーナーが変わって、新生ミランになり過去の事例は適用できないかもしれないが、ミランというチームは選手にとって居心地がいい、選手を守るチームらしい。

ジャンルイジ・ドンナルンマより経験も実績もある選手が、いろいろな理由があるにせよ、ミランから離れた場合、大きな成功をしていない事をみると、18歳でゆくゆくしたプールから、大西洋の荒波に出て行くリスクは覚悟しないとね。

まあ、ズラタン・イブラヒモヴィッチのように、そんなの「関係ないぜ」っていうスーパースターは存在しますがー

ジャンルイジ・ドンナルンマが、真のスーパースターなのかを見守ろうじゃないか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
スポンサーリンク
レクタングル(大)